BBC「100名の最も偉大な英国人」ランキングから見るFGOサーヴァント

イギリスの国営放送、BBCが2,002年に実施したイギリスの100名の最も偉大のイギリス人投票をご存知でしょうか?

なかなか興味深い結果になっていたので本ブログのメインでもあるFateと絡めて考察していきたいと思います。

目次

「100名の最も偉大な英国人」サーヴァント限定ランキング

まずは100名の最も偉大な英国人、の中で既に実装されているサーヴァントをランキング形式で発表したいと思います

ちなみに100名中、6名がランキング入りしています。

「100名の最も偉大な英国人」ランク入りサーヴァント 第6位

蒸気王、チャールズ・バベッジ!

100名ランキングでは第80位でした。

FGOでは蒸気による階差機関の構築ばかりが注目されていますが当時、人力で行っていた為ミスが多かった計算を階差機関構築による機械化でミスをなくすことができると考案したて「コンピューターの父」よ呼ばれるなど今日にまで続く理論を構築しています。

ちなみに彼の理論を現実化することは彼が生きているうちには叶わず、息子が実現しています

「100名の最も偉大な英国人」ランク入りサーヴァント 第5位

クリミアの天使、ナイチンゲール!

100名中52位でした。

戦場で傷病兵の手当てをひたすらこなしているイメージがありますが野戦病院の環境を改善しておりナイチンゲールの管理する施設では通常死亡率42.0%だったのを2.2%まで下げることに成功しています。

このデータを統計学的なアプローチを用いた報告書にまとめて視覚的に訴えたことが陸軍医療体制の改革につながったと言われています

FGOでは1部5章のメインパーソナリティであり、その後サンタとしても実装しています。

「100名の最も偉大な英国人」ランク入りサーヴァント 第4位

中世騎士道のお手本として今でも親しまれるアーサー王!

100名中51位でした。

Fate元祖ヒロイン、アルトリア・ペンドラゴンのモデルとなった伝説上の人物ですが今でもイギリスに行けばその息吹を感じることができます。

また、アーサー王は死んでおらずブリテンの危機には民を救うためアヴァロンより帰還する、という伝説もあり2部6章ではこのあたりも鍵になりそうです

ちなみにアヴァロンはグラストンベリーにあると言われており今でも多くの人が訪れています。

ブログ主も訪れましたのでよかったら参考にしてください

「100名の最も偉大な英国人」ランク入りサーヴァント 第3位

英国人として初めて世界一周を達成し、スペイン無敵艦隊を壊滅に追い込んだ海の王者フランシス•ドレーク!

100名中49位でした。

エリザベス女王専属の海賊だった彼は世界一周の合間に略奪して得た財産を配当金として女王に献上

その額は30万ポンドにのぼり当時のイギリス国庫の歳入額を上回る高額でした

この時得た財産が後に東インド会社設立につながったと言われておりある意味イギリスの近代資本主義生みの親ともいえます

FateではEXTRAが初登場、FGOでも1部3章オケアノスで大活躍し二部5章アトランティスでもほぼ出番がなかったにも関わらずプレイヤーの記憶に残る活躍をしています

「100名の最も偉大な英国人」ランク入りサーヴァント 第2位

ローマの圧政に敢然と立ち向かった女王、ブーディカ!

100名中35位でした。

「イギリスの歴史はカエサルより始まった」とはチャーチル首相の言葉ですがブーティカはカエサルによるイギリス侵攻から約100年後の人物であり、イギリスの歴史の本当に初期の人物といえるでしょう。

夫亡き後、当時のヨーロッパの覇権国家ローマ帝国に騙され、尊厳を奪われた彼女は部族をまとめローマ帝国に反旗を翻しました!

その戦いは結局敗北してしまいましたがそれでも彼女は後世、勝利の名前を関する女王として伝説になりました。

余談ですがブーディカが戦った時のローマ皇帝ネロはブリテンに対する無道な政策を知りブリタニア方面の長官であったスエトニウスを罷免、その後は穏健政策に転換されました

「100名の最も偉大な英国人」ランク入りサーヴァント 第1位

世界の文学の頂点、ウィリアム・シェイクスピア!

100名中5位でした。

英語による文学の頂点、と言われる彼の作品は人間の内面の葛藤、残酷さ、当時の社会情勢の移り変わりを描きつつ、多くの名台詞を残したことで知られています

また近代英語の原型は彼が作ったと言われており英語教育において彼の作品は多く取り上げられています

今我々が話す英語の原点を作った彼がFate登場サーヴァントの第1位に輝いたのは必然でしょう

100名の最も偉大な英国人で将来サーヴァントになりそうな偉人は

せっかくですのでここからは100名の偉人の中で将来サーヴァントになるんじゃないのかなぁ、という偉人をピックアップしていきましょう

第73位 アレイスター・クローリー

とある魔術の禁書目録ではまだ生存していることになっている近年では最も有名な魔術師。

イギリスは未だに魔法の道具を売っていたりスピリチュアルが大好きな人が多くいますのでその層からの支持がランクインの理由でしょうか

1947年に72歳でなくなっているのでもし実装したら最新のサーヴァントになりますね。

生涯に複数の魔術団体に所属、設立しており大悪魔コロンゾン、守護神メルクリウスの召喚に成功した、と本人は語っています

自身の聖守護天使エイワスのメッセージを書き記した「法の書」はfateだったら宝具になりそうですね

第9位 ホレーショ・ネルソン

ナポレオン戦争で大活躍した世界三大提督の筆頭

ナイルの海戦で無敵のナポレオン軍を打ち破りナポレオンのエジプト進出を阻み、トラファルガーの海戦ではフランス、スペイン連合艦隊を退けイギリス本土を守った稀代の英雄といえるでしょう

しかし自身はトラファルガー海戦で狙撃され、勝利を確認し後、戦死してしまいます。

その死は多くの国民が悲しみ英国国王以外では初めて国葬としてセント・ポール大聖堂にて葬儀が執り行われています。

もし実装されたら彼に野望を打ち砕かれたナポレオンとの絡みが楽しみですね

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はBBCが選ぶ「100名の最も偉大な英国人」をご紹介してみました。

英国は世界の覇権を握ったこともある国ですから既に多くの偉人がサーヴァントになっていますがランキングに入っていないサーヴァントが多く、ブーティカ、バベッジ等がランクインする、という意外な人選になりました。

今後もこういう面白い情報があれば紹介していきたいと思います。

人気ブログランキングに参加中!この記事が参考になった方はクリックお願い致します!


Fate/Grand Orderランキング
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

妻とイギリスにFate聖地巡礼新婚旅行をした人。
聖地巡礼新婚旅行とFate、コスプレの楽しさを発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる