海外キャッシングサービスについて

ATM解説

クレジットカードがあれば問題ない、と前回の記事で書きましたが
それでも現金が必要になった時のために海外キャッシングサービスについて
紹介したいと思います。

目次

海外キャッシングサービスとは

クレジットカードのキャッシング枠を利用して海外ATMでお金を引き出すサービスです。

キャッシングというと借金なので怖い、と思うかもしれませんが
支払い後翌日には自動で引き落とされますので不安になる必要はありません。

また当たり前ですが対応してなければキャッシング枠を設定してなければ
キャッシングサービスは利用できませんので契約を確認してください。

駅にはもちろん通りのいたるところにATMがありますのでATMが見つからなくて困る
ということはまずないかと思います。

一例としてVISAのATM設置場所のリンクを張らせていただきますのでご確認ください。

海外キャッシングのメリット

海外キャッシングのメリットについて述べさせていただきmす。

・無駄な現金を持ち運ぶ必要がない。

イギリスは比較的治安の良い国ですがそれでも犯罪がないわけではありません。

日本でもこれは変わりませんが不必要に多額の現金を持っているのは危険ですし
盗難や強盗にあった時の被害額が痛いです。
クレジットカードなら補償がありますが現金ではそんな補償はありません。
現金は必要な時にだけキャッシングを利用する、普段は持ち歩かないことはが大切なのです。

・為替えレートが安い。

利用時の実税レートで両替されるため銀行や両替商を利用するより安価なレートで両替できます。
手数料がとられることもありませんので旅の予算を抑えることにもつながります。
ちなみにヒースロー空港の両替所はめちゃくちゃ高いことで有名ですので絶対に避けましょう

・24時間対応してくれる

街の両替商や銀行は当然営業時間がありますので夕方には利用できなくなります。
しかしATMなら24時間対応してくれます。
もちろん早朝や深夜等は防犯的観点から避けるべきですが夕方6時には
多くの店が閉店してしまいますのでそういう観点からもメリットかな、と思います。

海外キャッシングのデメリット

もちろんメリットだけではありません、デメリットもあります。

・スキミングの恐れ
ATMに隠しカメラを設置して暗証番号を盗撮し悪用する犯罪行為、それがスキミングです。
正直どのATMに設置されているかなんてわからないので暗証番号を入力する時に
手で覆い隠すくらいしかできません、

また、この犯罪は日本でもあることなので海外キャッシングだけでなく
日本で引き落としをする時から暗証番号を入力する時は
手で覆い隠したりボタンの位置をランダムにする習慣を付けましょう。

・スリに狙われやすい

ATMを利用する、ということは現金を持っていることの証明です。
スリからしたら確実にお金を持っているということなので狙われる確率は高いでしょう
同行者がいる場合、お金をおろしている間、目を光らせるように頼みましょう。

おろし終えた後も細心の注意を払ってください。
ここは日本ではないのです。

・キャッシングなので当然利息はある。

手数料やレートが安い、と言いましたがキャッシングとは借金なので利息を払う必要があります。

海外キャッシングの年利は18%ほどです。
利用日から翌月の締め日までの間、利息を支払う必要があります。

ただ10万円分ポンドを借りて30日払っても手数料は1479円です。
またカードによっては初めてのキャッシングなら手数料無料、という会社もあります。

エポスカード 海外キャッシングは「最大30日間金利0円サービス」の対象ですか?

他にも帰国後繰り上げ返済をすることで締め日を待たずに返済することも可能ですので
お手持ちのカードの契約内容をご確認ください。

まとめ

海外キャッシングのメリット、デメリットをご覧いただきましたがいかがだったでしょうか?

そもそもデメリットは海外だけではなく日本でも起こりえること、ではないでしょうか?

それでも借金なので嫌だ、という方は仕方ありませんがほとんどの方にとって
キャッシングを利用した方が賢い選択である、と思います。

最後にATMの使い方の動画を張り付けておきますので旅行前にチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

妻とイギリスにFate聖地巡礼新婚旅行をした人。
聖地巡礼新婚旅行とFate、コスプレの楽しさを発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる