劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works]( Deen版)を解説するぞ(Fateファン歴12年)

Fate stay night unlimited blade works

Fate/stay night UBWって劇場版もあったの?

管理人カーツ

忘れられつつある作品だから知らないよね。
今回は劇場版UBWを解説していくね

目次

劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works]概要

あらすじ

手にした者の願いを叶える、万能の願望機「聖杯」。

聖杯をめぐり7人の魔術師が使い魔(サーヴァント)と共に最後の1組になるまで戦う「聖杯戦争」。

あることをきっかけにサーヴァント・セイバーと契約した衛宮士郎は、聖杯戦争に巻き込まれていく…

U-NEXT より引用

劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works] とは2006年に放送されたTVアニメFate/stay nightのスタッフが制作したTVアニメとは別ルートのストーリーを映画にしたものです。

ストーリーは凛ルートともいわれるUnlimited Blade Woks編です。

このルートは原作のゲームでは第一ルートクリア後に分岐するルートでヒロインは遠坂凛です。

TVアニメが第一ルートのセイバールートメインだったので続編として作るにはうってつけのシナリオでしたね。

当時は今のようにTVアニメ作品が続編を映画として製作することがほとんどなかった時代です。

そういえば劇場版種運命はいつ

そんな中製作できたのはTVアニメのDVD、Blu-rayの売り上げが100万枚を超える大ヒットだったのも大きな要因でしょう。

この劇場版Fate stay nightについての解説ですがまずは良いところではなくダメだった個所から解説していきます。

というか致命的な問題を抱えた作品なのです

劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works] の致命的な問題 その1
105分で語れる内容ではない

AMAZONより

劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works]は105分で全て完結します。

Fate stay nightはどのルートもたった105分で語れる内容ではありません。

TVアニメはdeen版、ufotable版共に2クールで編成されています。

また、最後のルート、桜ルートのストーリー Fate/stay night [heaven’s feel]も劇場版ですが3部作で編成されています

それをたった105分で無理やり収めたので原作のストーリーをかなり省略して作られています。

結果、初見の視聴者は置いてけぼり、専門用語についての説明すらなしです

逆に原作プレイ済の視聴者は「え、ダイジェストにもほどがあるぞ」となってしまったわけです。

これがこの作品の致命的な欠点です。

もともとはheven’s feel同様3部作の予定だったが1部完結になってしまったため、無理やり詰め込んだということです。

なのでこの作品を見る場合、原作をプレイするか、その後のufotable版「unlimited blade works」を見てからダイジェストとして見るのが今ならベストかと思います。

劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works] の致命的な問題 その2
メインテーマを1つに絞らなかった

AMAZONより

膨大な原作のストーリーを短い時間にまとめるためにスタッフの努力は認めています

しかしメインテーマを決めてそこだけに焦点をあてるべきでした。

後の劇場版Fate stay night [heaven’s feel]やFate/Apocryphaも原作をうまくアニメにまとめるためにテーマを絞り重要なシーンでも省たストーリーを形成していました。

このUnlimited Blade Worksでは原作をうまくまとめようとした結果、逆に作品単体としてはこじんまりした作品になってしまった印象を受けます。

具体的に言うとセイバーの召喚シーンはあそこまで尺を使う必要があったのか、等です。

このUnlimited Blade Worksのメインテーマは衛宮士郎とアーチャーによる正義の味方とは何か、というものです。

この作品でもやはりそこにフォーカスが当たってはいますがいっそ振り切れた方が良かったのではないかと思いますね

最初に致命的な問題を書きましたがそれでもこの作品は今見てもよかった点がありますので解説してきます。

劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works]の良いところ その1 
 凛ルート初の映像化作品

AMAZONより

本作品はFate作品2度目の映像作品であり凛ルート初の映像化作品なのでそこはやはり評価したいです。

個人的には1番好きなルートというのもありますが文章でしかわからなかったシーンが映像として見れるのは嬉しいものです

今ではすっかりバレバレなアーチャーの正体とその後の問答のような戦い、そして全ての戦いが終わった後のシーン等

どれもいつかは映像で見てみたい、というファンの願いを叶えてくれたのは率直に評価したいです。

劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works]の良いところ その2 
 当時としては映像はきれいだしアクションも良い

AMAZONより

TV版のヒットもあり予算が増えたのかTVアニメの時と比べて圧倒的に映像のクオリティーが上がっています。

もちろん当時としては、という注釈はつきますがそれでも今の作品と比べてもそこまで引けをとるとは思いません

ufotable版はさらに潤沢な予算もありますから比べてはいけない

そしてufo版と比べてアクションの動きは秀逸です。

静の動きをうまく入れることでアクションを表現しているufoに対しdeen版はとにかく止まらないアクション映画を見ているような印象を受けます。

特にラストの方の士郎VS〇〇の戦いは今見てもクオリティー高いな、と思います。

動きのあるアクションが好きな人にはうってつけでしょう

劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works]の良いところ その3 
 主題歌、作中音楽のクオリティーはFate作品随一

これは前作のTVアニメ版でもそうでしたがとにかくこのdeen作品というのはなんでこんなにも素晴らしい音楽を生み出すのでしょうか

川井憲次さんの生み出す音楽がこの作品と本当によくマッチしています。

特にUBWにおいて最も重要なBGM曲エミヤのアレンジが素晴らしいです。

今でもこのエミヤがNo.1だと筆者は信じています。

また、TVアニメ版同様引き続き主題歌はタイナカサチさんが務めています。

この人の歌声はstay nightの為に作られたといってもいい歌声でサプライズでタイプムーンフェスで歌ってくれないかなぁ、と今でも思っています。

劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works]の良いところ その4 
 ダイジェスト作品として観ればそれなりに良い

AMAZONより

原作未プレイの人を置いてけぼり、原作プレイ済の人からしても初見ではダイジェストぶりに驚く作品ですが逆にダイジェストとして観ればそれなりに楽しく見れます。

普通に原作プレイしたら20時間近くこのUBWだけで時間がかかるところを100分で振り替えられる作品として考えるとけっこういい感じです。

そんなイメージで筆者は未だにこの作品をちょいちょい見ています。

あまりにも速すぎる展開と声優さんたちのハイテンションな演技による疾走感は慣れてくると癖になります

劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works]を視聴できるVODは?

ここまで解説してきた劇場版Fate/stay night [Unlimited Blade Works]ですが現在視聴可能な主要VODは以下の通りです。

・U-NEXT
・Hulu
・Netflix
・Dアニメストア
・アニメ放題

アニメのみ観れればいいという方ならDアニメストアかアニメ放題が月額400円ほどとコスパが良くておすすめです。

アニメ以外の作品も見たいならU-NEXT、Hulu、Netflixになります。

Dアニメストアとアニメ放題の2つに関してはそこまで差はありませんがアニメ放題はファミリー向け作品が強くDアニメは深夜アニメに強い印象を受けます。

どちらも無料会員期間は1ヶ月ありますのでとりあえず試して比較するのがいいかもしれません

stay nightシリーズを全て見るのに1番お得なのはU-NEXTです。

無料会員ポイントで劇場版Heaven’s feelがの第一章が無料で見れますのでコスパは最高です。

Huluはアニメにはそこまで強くありませんがバラエティー番組、海外ドラマが強いのでそちらも好きな人におすすめです。

Fateのアニメシリーズを全て見てみたい場合はNetflixが独占配信している作品がありますので加入必須です。

この3つのサービスについては別記事で解説していますので参考にしてください。

もし気に入ったらBlue-rayでコレクションしてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

妻とイギリスにFate聖地巡礼新婚旅行をした人。
聖地巡礼新婚旅行とFate、コスプレの楽しさを発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる